KATE 関東甲信越英語教育学会 大会サイト

重要な日程の残り日数
参加申込 30日
発表申込 13日
スライド・動画提出 33日
 Oct 21, 2020 5:01 am 

全体プログラム

詳細プログラム

自由研究・実践報告の詳細プログラム(PDF版)は発表申込を経て,後日公開の予定です。

シンポジウム

■日時:2020年12月13日(日)13:15~14:45
■テーマ:「実践と研究は表裏一体:現職教員へのリサーチのすすめ」
■司会・コーディネーター:佐野 富士子(常葉大学)
■発表者:小田 眞幸(玉川大学)・ 松本 佳穂子(東海大学)・ 中谷 安男(法政大学)
■概 要: 英語が世界共通語として広く認識されるようになった今,生徒の英語運用能力を日々の授業の中で育成する役割が英語教員に求められている。本シンポジウムでは教員の日々の実践における努力を根拠に基づいた授業改善につなげるため,現職教員にリサーチを行う意義と有用性を説き,データ収集・分析などのデータの扱い方,発表の仕方,そして報告書や論文の書き方に至るまでの具体的な方法を示す。さらに,フロアとのディスカッションを通して,英語教師の授業改善のための知識と技能のさらなる向上の方法を提案する。
■ ZOOM URL:事前に申込のあった方に別途個別送付いたします。また,URLの譲渡,共有は固くお断りいたします